復縁メール

復縁メールの書き方

 

別れた相手への復縁メールは、緊張しますね。相手の気持ちを第一に考え、しかし、素直に伝えたいことは伝えたいものです。復縁メールは決して重くならないことがポイントです。

 

別れた相手から連絡が来るのは精神的にダメージが大きいもの。あまり自分の感情を押し付ける書き方は相手にとって負担になります。

 

最初のメールには謝罪と「やり直そう」程度の言葉で十分です。そして復縁メールは読んでもらわなければ意味がありません。

 

タイトルに謝罪の言葉を入れる書き方で相手に誠意が真っ先に伝わるようにするのも効果的です。

 

大好きな気持ちは、すでに相手にとっては過去のものかもしれませんが、その状態から心が動かされるようなグッと来るメールで気持ちを伝えましょう。

 

復縁メールを送るタイミングについて

 

どうしても相手とやり直したいと復縁メールを送るタイミングは、別れてから半年以上経ってからにします。

 

別れた直後に復縁メールを送ってしまうと相手の状況や気持ちを無視してしまうことになり、悪い印象を与えてします。

 

特に自分から別れを告げた場合は、最悪の印象になってしまうことがあるからです。

 

お互いの気持ちに整理がついたり、相手に自分のいい思い出だけが残っているタイミングを見計らって、送ることが大切なのです。

 

相手の動向が気になるからといって積極的に自ら連絡をするのではなく、待っている半年間は一切の連絡を絶つようにします。

 

相手がどうしているのか段々と気になってくるので、メールへの食いつきが良くなります。

 

しっかり時間を空けてから、誠実な言葉で復縁したいということを伝えることが大切です。

 

復縁メールの返信のスピード

 

復縁したい時、メールで思いを伝える復縁メールを利用する人も多いのではないでしょうか。

 

そんな、復縁メールが来たときに迷うのが、返信をするすべきかどうかです。

 

すぐに返信をすると未練があるように思われるからなど、様々な理由でタイミングを逃しがちですが、復縁をしたいと思うなら早目に返信を返しましょう。

 

未練は、速さではありません、その内容や態度で伝わります。会話が弾むほうが、距離も縮まり復縁が可能になる可能性が高くなります。

 

距離を縮めるために会話をするのですから、メールもお互いにポンポン返したほうが、会話が弾みます。

 

復縁に迷っているのではなく、復縁したいと願っている場合は、復縁メールには早目の返信を心がけましょう。